導入効果
Introduction Effects

こんな業種に効果があります

こんな設備に効果があります

導入効果

具体的に従来のブレーカーとネオコントロールシステム“N-EBシリーズ”との
機種設定を比較いたします

注1)電力基本料金は東京電力単価で計算し、税込表記しています。
注2)全て同時稼働するものとして算出しています。
注3)力率は全て90%で計算しています。
注4)アンペア数は概算で算出しています。

自動車整備業のお客様例
負荷設備 容量 A(アンペア)数
(概算)
連続稼働時間
エアコン 2.2kW 8.8A 10時間
スチーム洗車 2.2kW 8.8A 15分
コンプレッサー 5.5kW 22A 1分30秒
リフト 1.5kW 6A 20秒
リフト 1.5kW 6A 20秒
削減例
負荷設備契約の場合 15kW 15,697円

従来のブレーカーを使った
主開閉器契約の場合
21kW 21,976円

N-EBシリーズを使った
主開閉器契約の場合
3kW 3,139円

ネオコントロールシステムN-EBシリーズ導入で、年間150,696円のコスト削減を実現!

※月々12,558円のコスト削減

      

    負荷設備契約で申請すると、15kW契約となります(15,697円)。

    従来のブレーカーであれば全同時稼働で51.6Aの電流値が流れる為、60Aのブレーカーが必要となります。
    よって21kW(21,976円)となります。

    ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」であれば10Aのブレーカーが必要となります。よって3kW契約(3,139円)となります。

コインランドリー業
のお客様例
負荷設備 容量
(合算)
A(アンペア)数
(概算)
連続稼働時間
エアコン(1台) 2.5kW 10A 常時
洗濯機(4台) 6.8kW 20.4A 30分
乾燥機(3台) 2.1kW 6.3A 30分
洗濯乾燥機
(2台)
6kW 18A 30分
削減例
負荷設備契約の場合 19kW 19,883円

従来のブレーカーを使った
主開閉器契約の場合
21kW 21,976円

N-EBシリーズを使った
主開閉器契約の場合
10kW 10,465円

ネオコントロールシステムN-EBシリーズ導入で、年間113,016円のコスト削減を実現!

※月々9,418円のコスト削減

    負荷設備契約で申請すると、19kWの契約となります
    (19,883円)。

    従来のブレーカーであれば全同時稼働で54.7Aの電流値が流れる為、60Aのブレーカーが必要となります。
    よって21kW(21,976円)となります。

    ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」であれば30Aのブレーカーが必要となります。よって10kW契約(10,465円)となります。

木工業の
お客様例
負荷設備 容量 A(アンペア)数
(概算)
連続稼働時間
自動かんな 3.7kW 14.8A 20~30分
手押かんな 1.5kW 6A 20~30分
集塵機 2.2kW 8.8A 20~30分
パネルソー 4kW 16A 1分
削減例
負荷設備契約の場合 13kW 13,604円

従来のブレーカーを使った
主開閉器契約の場合
17kW 17,790円

N-EBシリーズを使った
主開閉器契約の場合
6kW 6,279円

ネオコントロールシステムN-EBシリーズ導入で、年間87,900円のコスト削減を実現!

※月々7,325円のコスト削減

    負荷設備契約で申請すると、13kWの契約となります
    (13,604円)。

    従来のブレーカーであれば全同時稼働で45.6Aの電流値が流れる為、50Aのブレーカーが必要となります。
    よって17kW契約(17,790円)となります。

    ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」であれば18Aのブレーカーが必要となります。よって6kW契約(6,279円)となります。